回収するのを忘れていた七夕まんが
11年の七夕の夜は曇りだった



クラーリィ「えっと…絵…上手いんだな…」
シコード「ありがとう」
クラ「…おまえ、なんか、……発想が奇抜だよな…」
シコ「? どうも」
クラ(あー分からん。なんで俺はこいつに惚れたんだ)

 恋とは永遠の謎のまま。



Top Pre Nxt